すっきりフルーツ青汁を飲むことでどんな副作用があるのか?

すっきりフルーツ青汁はダイエット効果、免疫力を高めるなど健康にも美容にもいいドリンクとして知られています。

そんなすっきりフルーツ青汁の副作用の有無について説明していきます。

まず配合成分を見てみると81種類の原料が使用されています。

その一部を紹介すると黒糖、ドライプルーン、レモン、洋梨、レーズン、マンゴ、スイカ、南瓜、サツマイモ、ピーマン、赤カブ、トマト、パフィア、バナナ、リンゴ、パパイヤなどの野菜やフルーツを挙げることが出来ます。

これらは自然に拘り作っているから添加物等は一切使用されていません。

だからアレルギーなどの症状がない人なら特に副作用の心配はないと言えるでしょう。

安全性の高いすっきりフルーツ青汁ですが、それでも全ての人が安心して飲むことが出来るという訳ではありません。

基本的には薬ではなく健康食品に該当するので副作用という訳ではないのですが飲まない方がいい人というのが存在します。

それは人工透析中、腎臓病の人ですっきりフルーツ青汁にはカリウムが多く含まれているので腎臓疾患がある人はカリウムの排出機能が低下しているので飲まない方がいいと言えます。

他にもワーファリンを服用している人は止めたおいた方がいいと言えます。

その理由は血栓症といった血液をサラサラにする効果があるワーファリンは青汁が沢山含まれているビタミンKに弱いので、すっきりフルーツ青汁を飲むことで薬の効果が薄れてしまう恐れがあります。

あと食物繊維や酵素をたっぷりと含んでいるのでお腹を壊しやすい人が飲むと人によってはお腹を下してしまう場合があります。

お腹が弱い人が飲む場合は飲む回数を減らしたり、飲む量を減らして使用することをお勧めします。

甲状腺に異常がある人も飲まないようにしましょう。

青汁の成分にはイソチオシアネートと呼ばれる発がん性を抑える成分が含まれていて健康な人には体にいい成分なのですが、甲状腺の人には悪い影響を及ぼす可能性があるからです。

それと赤ん坊や小さい子供にもお勧めすることは出来ません。

食物繊維、乳酸菌がたっぷりと配合されているから体が小さい子供や赤ん坊の場合は下痢の症状が出てしまうケースがあるからです。

すっきりフルーツ青汁公式サイトを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です